古河市駒羽根の歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科|まつのき歯科クリニック

厚生労働省認定外来環境体制歯科医院
WEB予約
MENU

歯周病

Periodontal disease

歯周病Medical menu

歯周病

一般には歯茎と呼ばれる歯肉を中心とする歯周組織が細菌によって炎症を起こす生活習慣病で、赤くなったり腫れたりしますが、痛みはほとんどありません。しかし、放っておくと、歯肉炎から歯のセメント質や歯根膜などが破壊される歯周炎に進行し、歯肉がやせて歯の土台部分が見えるようになったり骨が溶けたりして、抜歯が必要になることもあります。また、歯周病が高血圧症や糖尿病など他の全身疾患に影響を及ぼすこともあります。

歯磨きが十分でなかったり甘いものをいつも食べたりしていると、歯の表面に歯垢(プラーク)が付きます。歯垢や歯と歯肉の間の歯周ポケットは細菌のすみかです。多くの場合、この細菌の繁殖によって症状が出ますが、歯垢と関係のない歯周病もあります。

朝起きた時に口の中がネバネバする、歯磨きをすると出血する、歯茎が赤く腫れている、歯茎がむずむずする・かゆい、歯と歯の間にすき間ができたなどのときは要注意です。
予防には、まずしっかりした正しい歯磨きをして歯垢をためないことです。症状が出ても、歯科医院で歯垢や歯石をとってもらうとともに歯肉や骨を治療することで改善します。

また、歯石は目に見えるところにあるとは限りません。目に見えない歯石まで徹底的に除去することで、初めて歯周病としての治療効果があります。当院では、検査から歯ブラシの指導、歯石の除去までをしっかり行うため、2回以上通院していただくこともあります。

歯を欠損した場合の治療

もし虫歯や歯周病が進行し、治療を施しても症状が引かないなど、治療が困難と判断された場合は、抜歯しなければなりません。理由は、そのままにしておくとさらに骨や隣の歯にばい菌が広がり、大きく腫れ上がったり、隣の歯も共倒れになってしまう可能性があるからです。抜歯した後は歯がなくなるわけですが、そのままにしておくと、歯がなくなったスペースに隣の歯が倒れてきたり、反対側の歯が飛び出てきたりと、だんだん噛み合わせが悪くなり、取り返しのないことになります。患者さんの状態に合わせた適した治療法があります。