古河市駒羽根の歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科|まつのき歯科クリニック

厚生労働省認定外来環境体制歯科医院
WEB予約
MENU

小児歯科

Pediatric dentistry

小児歯科Medical menu

小児歯科

多くは0歳から12歳くらいを対象にしています。子どもは乳歯から永久歯に生え変わる時期ですし、成長に伴って顔の骨格が変わることによってかみ合わせがうまくいかなくなったりしますので、大人とは違った治療や予防を進める必要があります。

乳歯は永久歯より柔らかくて虫歯になりやすいうえ虫歯の進行も早いので、日ごろから気を付けてあげることはもちろん、3ヶ月に1回程度、定期健診を受けるのがいいでしょう。歯科先進国と言われているスウェーデンでは、小児の定期検診は20歳まで無料で行うことができるため、小さい頃から歯医者に通う習慣ができています。その結果、スウェーデンでは歯の本数などお口の中の状態がとても良いことが知られています。このように小さい頃から歯医者さんに通う習慣を身につけておくことで、生涯健康な歯を維持することができます。

より大切なのは予防で、小児歯科では虫歯治療のほか、ブラッシング指導や歯質を強くするフッ素塗布、唾液の量や歯を溶かす酸の中和力、含まれる細菌数を調べる唾液検査なども行います。

治療が必要なお子さんには、まず、治療に慣れていただくことから始めます。みたこともない器具を口の中に入れられるのは大人でも嫌なものです。一緒に歯ブラシをしたり、歯科材料や器具で一緒に遊んでみて、慣れていくうちに、自然と治療ができるようになります。また、帰る際には必ず先生と約束をしてもらいます。次来た時に約束が守れたら、帰りにガチャガチャを回してもらいます。ガチャガチャはフッ素を塗りに来ていただいた子でも差し上げています。当院はフッ素塗布を無料で行っています。こうして、小さい頃から歯医者さんに通う習慣を身につけさせてあげましょう。

乳歯の重要性

乳歯は丈夫な永久歯が生えるための準備の役割や、永久歯を正しい位置に導く役割があります。また、あごの成長や知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を与えます。

虫歯になりにくい歯にするには

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌はいないと言われています。しかし、虫歯になるのは、スキンシップなどを通じて周囲の大人からお子さんのお口に虫歯菌が移り、虫歯に感染してしまうためです。そこで、虫歯になりにくい歯にするために日々の生活習慣を心がけることが大切です。

お子さんの歯の健康のために意識すべき点

  • 歯ブラシの習慣を身につけ、仕上げ磨きをしっかりとする
  • 定期的にフッ素を塗る
  • 歯を磨けない場合にはうがいをする
  • お菓子(飴なども)をだらだらと食べない
  • おやつは噛み応えのあるものに、飲み物はスポーツドリンクは控える