古河市駒羽根の歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科|まつのき歯科クリニック

厚生労働省認定外来環境体制歯科医院
WEB予約
MENU

詰め物・被せ物・入れ歯

prosthetic dentistry

詰め物・被せ物Medical menu

セラミックの詰め物、被せ物(自費診療)

セラミックとは、お茶碗と同じ素材で、金属を一部あるいは一切使わずすべてにセラミックを使用した歯冠修復方法です。審美歯科治療の中でもとりわけ審美性の高い仕上がりを求める方に最適な治療法です。オールセラミックは自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、固すぎて他の歯を傷つけることもない強さとしなやかさまでも兼ねそろえた理想的な材料です。金属を一切使わないため金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあります。また、セラミックの利点は見た目だけではありません。精度の良い材料で型とりをするため、詰め物被せ物の精度もよく、ピッタリしているので、再度虫歯になるリスクが低くなります。歯肉とのなじみもいいため被せもの周辺の歯肉の健康も維持できます。

セラミックの利点

  • 仕上がりが自然で美しい
  • 生体親和性が高い
  • 歯肉に黒ずみがでない
  • 金属アレルギーの方でも治療可能

クラウンの種類(自費)Medical menu

クラウンとは、虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。クラウンには、様々な種類があり、保険診療では部位によって作ることができる冠が決められています。

オールセラミック オールセラミック

特徴

セラミック(陶器)でできたクラウンです。

メリット

  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・変色しにくい
  • ・金属アレルギーが起こらない

デメリット

  • ・値段が高い
  • ・稀に割れることがある
メタルボンド メタルボンド

特徴

中身を金属で作り、外側にセラミックを張り付けたクラウンです。

メリット

  • ・中身が金属で作られているため耐久性がある
  • ・透明感はオールセラミック程ではないが、自然な白さがある

デメリット

  • ・裏から見ると金属が見える
  • ・天然歯より硬く、周りの歯を傷めることがある
  • ・金属アレルギーを起こすことがある
ジルコニアクラウン ジルコニアクラウン

特徴

強度が高く、白く、目立ちにくいです。

メリット

  • ・強度が高く割れにくい
  • ・変色しにくい
  • ・汚れが付きにくい
  • ・金属アレルギーにも使用できる
  • ・治療適用範囲が広い

デメリット

  • ・セラミックに比べて色が限られる
ラミネートべニア ラミネートべニア

特徴

歯を少しだけ削ってセラミックの薄い板を張り付けます。

メリット

  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・クラウンをかぶせるよりも削る部分が少なくて済む
  • ・治療期間が短い

デメリット

  • ・虫歯や歯ぎしり、かみしめが強い場合は適用できない
  • ・健康な歯を削る必要がある
ゴールドクラウン ゴールドクラウン

特徴

金合金や白金加金などの貴金属で作られたクラウンです。

メリット

  • ・金属なので強度が充分あり、奥歯にも使える
  • ・虫歯になりにくい

デメリット

  • ・金属部分が目立つ

クラウンの種類(保険適用)Medical menu

硬質レジンジャケット冠 硬質レジンジャケット冠

特徴

レジンという歯科用プラスチックで作られたクラウンです。

メリット

  • ・セラミックのような天然歯に近い透明感は無いが、色が白い
  • ・保険適用で治療費が抑えられる

デメリット

  • ・長期間の使用で変色することがある
  • ・割れやすく減りやすい
硬質レジン前装冠 硬質レジン前装冠

特徴

中身を金属で作り、見える部分にレジンを張り付けたクラウンです。

メリット

  • ・セラミックのような天然歯に近い透明感は無いが、色が白い
  • ・中身が金属なので強度がある
  • ・前歯~犬歯であれば保険適用で治療費が抑えられる

デメリット

  • ・裏から見ると金属が見える
  • ・長期間の使用で変色することがある
  • ・金属アレルギーを起こすことがある
合金(金銀パラジウム) 合金(金銀パラジウム)

特徴

いわゆる銀歯で、全体が金銀パラジウム合金でできたクラウンです。

メリット

  • ・金属なので強度があり、どの歯にも使える
  • ・保険適用で治療費を抑えられる

デメリット

  • ・金属部分が目立つ
  • ・金属アレルギーを起こすことがある

入れ歯Medical menu

入れ歯は、着脱式の歯になります。支えとなる歯に針金をかけ、歯茎に乗せるような形をしており、このような入れ歯を部分入れ歯と言います。また、針金をかける歯が全くなくなってしまった場合、入れ歯は全て歯茎の上に乗せることになり、これを総入れ歯と言います。

入れ歯のメリット

  • 隣の歯をほとんど削らなくて良い

入れ歯のデメリット

  • 噛む力が天然の歯に比べて1/2~1/3程度に低下する
  • 歯茎と当たる部分に傷を作って痛くなることがある
  • 針金をかけている歯がぐらついて、ダメになる可能性がある

よく噛める入れ歯の条件として、入れ歯がお口にぴったり合うこと、お口に入れても違和感が少ないことが挙げられます。

お口にぴったり合う入れ歯を作製するためには、精密に型取りを行い、お口の状況を正確に模型上に再現する必要があります。なぜなら、入れ歯は模型上で作製するからです。模型上で高度な技工技術を駆使することで、お口にぴったり合う入れ歯を作製することができます。 入れ歯の素材を選択することで、入れ歯を薄くしたり、小さくしたり、目立たなくしたり、お口のなかで違和感の少ない入れ歯を作製することができます。

入れ歯は毎日お口に装着する重要な医療器具です。良く噛める入れ歯をお口に装着することで、おいしく食べ、正しく飲み込むことができるようになります。結果として誤嚥性肺炎の予防など身体の健康増進にもつながります。
次に保険診療の入れ歯、保険外診療の入れ歯について説明致します。

保険適応の入れ歯

保険診療の入れ歯は、材料や設計の選択はほどんどできませんが、費用を抑えられることが最大の利点です。また、修理が容易であるという利点もあります。
欠点としては、型取りの方法、技工の操作などにある程度の制約があるため、保険外診療の入れ歯と比較するとお口にぴったり合う入れ歯を作製することが難しくなります。素材はレジンが基本となるため、装着時には違和感が出やすいです。

保険適応外の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で、素材を金属や軟らかいプラスチックなどから選択することができ、装着時の違和感を少なくすることができます。また、型どりの方法、素材、技工操作などに制約がなくなるため、保険診療の入れ歯と比較して、良く噛める入れ歯を作製することが可能となります。

ブリッジMedical menu

ブリッジとは、失った歯の前後の歯を削って支えとして、そこに橋(ブリッジ)を渡すように人工の歯をかぶせる治療法です。保険適用のブリッジの場合、金額は安いですが、金属を使用する必要があり見た目が悪くなります。自費診療にはなりますが、上記のようなセラミックの歯で金属を使わずにブリッジを作ることも可能です。

ブリッジのメリット

  • 入れ歯と比べ、ご自身の歯に近い使用感で違和感が少ない
  • 保険適応がある

ブリッジのデメリット

  • 健康な歯を大きく削る必要がある(場合によっては痛みが出たり歯の神経を取り除くこともある)
  • 複雑な構造のため、削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まり、更に歯を失う可能性が高まる

その他の治療 インプラント(自費診療)Medical menu

隣の歯を余分に削ったり、噛みにくかったりというデメリットがありますが、このようなデメリットがないのが、インプラントという治療法です。

価格表(税込)

詰め物・被せ物・入れ歯

項目 名称 価格
詰め物 ハイブリッドセラミック 35000円
E-MAX 50000円
ジルコニア 80000円
ゴールド 時価 ※参考価格80000円
被せ物 ハイブリッドセラミック 55000円
メタルボンド 80000円
E-MAX・ジルコニア 90000円
ジルコニアセラミック 130000円
ゴールド 時価 参考価格130000円
MTA覆髄 10000円/本
MTA根管充填 10000円/本
ファイバーコア 10000円/本
入れ歯 ノンクラスプデンチャー(5歯以下) 120000円
ノンクラスプデンチャー(6歯以上) 200000円
コバルトクロム床 300000円
チタン床 500000円
マグネットデンチャー マグネット1個50000円

インプラント

項目 価格
インプラント 別途見積もり(詳細は、インプラントページをご覧ください)
マイクロエンド 70000円
CT診断料 10000円